シーア派のブワイフ朝が生まれ、
アッバース朝のカリフは名目の存在として残る

(イスラム世界のこれが常識から抜粋)

9世紀末~10世紀初めの頃は、アフリカや中国との海洋貿易が発達して、バグダッドは世界各地から集まってくる商品の取引で賑わいました。

ところが、膨大な数の官僚と軍人への給料支払い、地方の反乱による税収減、反乱鎮圧のための戦費によって、アッバース朝の国家財政は10世紀前半には破綻してしまいました。

不満を持った軍人たちの反乱が相次ぎ、936年にはトルコ人の軍人イブン・ラーイクは
大アミール(大将軍)に任命され、カリフから全権を奪ってしまいます。

964年には、イランのギーラーン地方のダイラム人であるブワイフ家の3兄弟が、
バグダッドを占領して大アミールに任命されます。

これが、シーア派政権の『ブワイフ朝』の始まりです。

ブワイフ朝は、アッバース朝のカリフを名目の存在として残しました。

ここに、行政・軍事面を担当するシーア派のブワイフ朝政権と、宗教的権威としてのスンニ派のアッバース朝カリフとが、併存する形となったのです。

○村本のコメント

この併存は、どことなく日本の武家政権と朝廷との併存に似ている気がします。

(2013年5月15日に作成)

(総図解世界史から抜粋)

カスピ海の南西岸の山岳地帯に住んでいたダイラム人は、9世紀後半からシーア派に入宗する者が増え、マムルーク(奴隷)としてイスラーム世界に広がっていきます。

そして、ダイラム人の族長ブワイフの3人の息子は、イランを中心にして独立し、『ブワイフ朝』を建国しました。

末弟のアフマドは、バグダッドを占領して、アッバース朝のカリフから大アミールに任命されます。

2人の兄も、カリフから称号を与えられた。

ブワイフ朝は、シーア派の12イマーム派に属していましたが、スンニ派のカリフを保護することで支配を正当化しました。

宗教的権威はカリフ、世俗的権威はアミールという、二重構造が生まれた。

この構造は、次のセルジューク朝以降も受け継がれます。

ブワイフ朝では、全土を支配する者はおらず、ファールス、ケルマーン、ジバール、イラクの4地域に分割して統治され、一族が統治権を分け合いました。

しかし、イクター(土地とその徴税権)の保有者と総督の対立や、王族の内紛などにより、
衰退に向かいます。

都市には、自立的な集団「アイヤルーン」が跋扈した。

ブワイフ朝の末期には、ファールスの一部で命脈を保つ状態でした。

そして、セルジューク朝がバグダッドを占領すると滅びました。

(2016年2月24日に追記)


イスラム教の歴史 目次に戻る