バチカンは、同性愛者への配慮を指示する

(毎日新聞2014年6月29日から抜粋)

バチカン(ローマ法王庁)は、6月28日に『同性愛のカップルにも配慮するように』との文書を発表しました。

文書は、同性婚についての過激な対応を戒めており、「同性婚者に対して偏った態度を取るべきではない」と記しています。

さらに、「同性愛カップルの子供が洗礼を求めた場合には、他の子と同じ配慮が必要だ」とした。

フランシスコ法王は、同性愛者への差別に反対する立場を採っています。

昨年7月には、「神を探し求める同性愛者を裁くとしたら、私はいったい何者なのか」と述べている。

○村本のコメント

キリスト教は長い間ずっと同性愛を否定し、「神の教えに背いている」としてきたのですから、大変な進歩(進化)だと思います。

フランシスコさんは、歴代の法王の中でも傑出した人物ですね。


キリスト教 目次に戻る