太陽系の小惑星帯(火星と木星の間)

(ニュートン 2014年7月号から抜粋)

火星と木星の間には、小惑星帯が存在しています。

ここには、無数の(数十万個の)小さな天体が存在します。

小惑星帯で最大の天体は、『ケレス』です。

ケレスは球形をしており、直径は1000kmで、大きいため「準惑星」に分類されています。

NASAの探査機「ドーン」は、2015年にケレスに到着して観測する予定です。

小惑星帯には、直径が100kmを超える天体が、200個以上もあります。

しかし、すべての質量を合計しても、月の30分の1以下です。

小惑星帯の天体については、「惑星が粉々になった破片だ」との説があり、かつては有力とされていました。

もし惑星が粉々になったものならば、高温になった時に(粉々になった時に)金属と岩石の
成分が分かれたはずです。

しかし、小惑星帯の天体には高温を経験していないものも多い事が分かってきました。

現在は、惑星粉々説は否定されつつあります。

火星の軌道のすぐ外側にある「小惑星が密集したエリア」を、『メインベルト』と呼んでいます。

メインベルトで3番目に大きい天体の『ベスタ』は、球形をしており、直径は500kmです。

ほとんどの小惑星は、小型で不規則な形をしています。

「イトカワ」は、左右540mの小型で不規則な形の小惑星です。

2005年に探査機「はやぶさ」が着陸して、10年にサンプルを持ち帰りました。

イトカワは火星軌道の近くにありますが、小惑星帯には属していません。

ただし、かつては属していたと考えられています。

(2014年9月25日に作成)


宇宙の勉強 目次に戻る