惑星を生む現場である「原始惑星系円盤」

(ニュートン 2014年7月号から抜粋)

惑星を生む現場である『原始惑星系円盤』の様子が、近年になってかなり観測できるようになってきました。

特に成果を挙げているのは、ハワイにある「すばる望遠鏡」と、チリにある「アルマ望遠鏡」です。

すばる望遠鏡は、近赤外線のカメラで、世界最高レベルの性能です。

そして、原始惑星系円盤の固体成分である「ちり」の分布を観測できます。

ちりの分布を見ると、渦巻きの様な構造を持っていると分かります。

武藤恭之さんによると、「原始惑星系円盤の中に惑星が存在することが原因で、渦巻きができていると考えられる」といいます。

アルマ望遠鏡は、赤外線よりも波長の長い「電波」をとらえます。

観測して分かったのは、「ちりは濃集している部分がある」という事です。

ちりが最も集まっている部分で、惑星が造られていると考えられます。

さらに研究を進めるには、観測の精度をもっと上げる必要があります。

アルマ望遠鏡は、現在は10auの構造までしか見分けられませんが、数年後には1auまで見分けられるようになるといいます。

太陽と同じ位の質量の恒星が誕生している現場は、おうし座の方向で450光年にある分子雲です。

(2014年10月25日に作成)


宇宙の勉強 目次に戻る