エネルギー革命@
日本は水力発電と地熱発電に注力しよう
(2012.10.2.)

ここしばらく、新エネルギーについて勉強しています。

(勉強した事は、新時代エネルギーのページにまとめている最中です。
 良かったら見て下さい。)

勉強する中で気づいたのは、「国や地域によって、適する発電方式が異なる」という事です。

日本の場合、『水力発電と地熱発電』に適しています。

日本は世界屈指の水に恵まれた国で、水力発電を行える場所が沢山あります。

特に、小規模の水力発電(小水力発電)に適しています。(小さな川が多いためです)

また、日本は世界屈指の火山大国で、地表に近い所までマグマが来ており、地熱発電に
とても適しています。

この日本特有のメリットを使わない手はありません。

まず水力発電ですが、これは小水力発電をどんどん導入しましょう!

小水力発電は、コストが安く、簡単に設置でき、メンテナンスも楽という、凄い発電方式です。

自治体で自由に設置できるので、各自治体で独自に調査をして、どんどん設置をしていって下さい。
これからの公共事業は、こういう方面で行うべきです。

ちなみに、大規模な水力発電(大水力発電)はダムを造る必要があり、環境破壊を起こすので、私はおすすめしません。

次に地熱発電ですが、これは大掛かりな設備が必要なため、大きな自治体や大企業でないと厳しいです。

本日の毎日新聞には、「青森県の大間原発の建設をJパワーが推進しようとしており、それに周辺の自治体が反対している」との記事が出ています。

Jパワーは、地熱発電所を運用している数少ない企業の一つで、地熱発電技術を持っています。
国民に求められていない原発よりも、地熱発電開発に転換するべきです。

地熱発電を普及させるには、国が規制を緩和して、たくさんの企業や自治体が計画・建設を行えるようにする事も必要です。

日本は地熱発電に適しているので、規制を緩和すれば、たくさんの地域で発電所が建設されるでしょう。

発電量が大きいので、大規模なものを設置すれば、その地域の電力をすべて賄うことだって出来ます。

地熱発電は、建設が完了すれば半永久的に安いコストで発電できるので、推進する意義は大きいと思います。

建設すると環境破壊があるのですが、原発と比べれば、はるかに環境に優しいです。


私の提案 目次に戻る