エネルギー革命B
LED電灯を、補助金を出す事で一気に普及させよう
(2013.1.3.)

日本のエネルギー環境を変えるための提案の、第3回目です。

今回は、『LED電灯(LED照明)』を取り上げます。

LED電灯の詳細については、新時代エネルギーのページに書きましたので、そちらも見て下さい。

最近は省エネの商品として注目されてきているので、知っている人も多いでしょう。

我が家でも導入してみましたが、点けると一気に明るくなる(時間を経ずに最大の明るさになる)ので、蛍光灯や白熱灯よりも快適ですね。

明らかにエコ度数が高いので、我が家でもたくさん導入したいのですが、金額が高いのでなかなか難しいです。

そこで今回は、『国が補助金を出す事で購入費を安くして、一気に普及させる事』を提案いたします。

LED電灯の良さはいくつもあるのですが、最大の良さは『省エネかつ長寿命』という事です。

特に長寿命な点がすばらしく、蛍光灯の4倍以上の寿命です。

普及させれば、寿命が長いために使用済みの廃棄品も減るし、公共の電灯(街灯など)の交換数が減るため、国や自治体の経費(交換は工事店に依頼している)も抑えられます。

消費電力は、現時点では蛍光灯とあまり差がありません。
(若干は少ないので、替えれば省エネにはなります)

しかし、LED電灯は本格的に登場したのは数年前です。
これから普及していく中で、技術改良は当然進むと思いますし、やがてもっと消費電力は減るのではないかと思います。

現在、家庭での電力消費の16.1%は、照明器具で占めています。

さらに、お店、公共施設、街灯などの照明器具も、膨大な量があります。

この照明たちをLED電灯に換えていけば、もの凄いレベルでの電力抑制につながります。

LED電灯が改良されて消費電力が減っていけば、原発数十基分の省エネも、充分に可能だと思います。

防犯灯を蛍光灯からLED電灯にすると、電気代が30%も安くなるようです。
LED電灯を普及させていけば、電気代の大幅な削減ができますね。

とりあえず、白熱灯は消費電力がバカ高いので、それをLED電灯に換えるのが最初のステップです。

数年単位で見ればLED電灯の方が安いのですが、白熱灯は200円くらいなので、ついつい白熱灯に手が伸びてしまうのが現状です。

そこで、白熱灯からLED電灯に移行するのを促すために、一時的に補助金を国が出すのが良いと考えます。

補助金を出す事でLED電灯の価格を半額程度に抑えられれば、一気に買い替えが起きて、LED電灯が普及するのではないかと思います。

この流れが大きくなれば、大量生産により価格が落ちて、世界規模での普及にもつながり、世界レベルでの省エネになるでしょう。

そして、エネルギー革命の一つが完成するのです。

日本は高い技術を持っているのですから、このエネルギー革命の先頭に立てるはずです。

新たに政権を取った自民党は、建設方面で公共事業をしようとしていますが、それよりもLED電灯に補助金を出した方が、国民の多数が喜ぶ政策になると思います。

かなりの景気対策にもなると思います。

(2013.1.17.に追記)

本日、近くのホームセンターでLED電灯(420ルーメン)を980円で買ってきました。
白熱灯型のタイプです。

トイレの60Wの白熱灯と取り換えたのですが、すごく明るくなりました!
正直言って、びっくりしました。

トイレという狭い空間だからかもしれませんが、420ルーメンでも80〜100Wの白熱灯と同等の明るさです。

面白かったのは、三百数十ルーメンのLED電灯も980円と、同じ値段だった事です。
同じ値段なら明るい方を買いますよ。

非常に快適な明るさなので、他の白熱灯も順次換えていこうと思います。

蛍光灯型のLED電灯もチェックしたのですが、20Wタイプと同等のものが5000円でした。
高すぎて買えません。
これが2500円以下になれば、一気に普及する気がします。

白熱灯はアメリカ等の国では、電気代を食うので禁止にされるそうです。
もうLED電灯の時代に、完全に入っているのですね。

白熱灯って、普及してから100年以上経っていますもんね。ようやく、お役御免になる日が来たようです。

白熱灯さん、今までお世話になり、どうもありがとうございました。

(2015.4.8.に追記)

最近は、1000ルーメンを超えるようなとても明るいタイプも、かなり価格が落ちてきましたね。

数ヶ月前ですが、蛍光灯の40W+32Wで照らしていた部屋を、1340ルーメンの
白熱灯形のLED電灯に替えました。

このLED電灯は、3000円ほどでした。

白熱灯型を取り付けられるように、ホームセンターで非常にシンプルな器具を買ってきて、ブレーカーを落として器具を付け替えました。

器具は1000円弱だったので、トータル4000円で、72Wから1340ルーメン
(16W)への移行となりました。

部屋の明るさは変わらず、大幅な省エネが実現しました。

この提案では「普及させるために補助金を出そう」と主張したのですが、それをしなくても普及してきているし、着実に価格も落ちてきています。

LED電灯は、あと数年もすればさらに価格が落ちて、蛍光灯に替わって電灯の中心になるでしょう。
めでたし、めでたし、ですね。


私の提案 目次に戻る