動画「大いなる陰謀」から④
ブッシュ大統領たちは、事件をあらかじめ知っていた

(『大いなる陰謀』ユーチューブ動画から抜粋)

息子ブッシュ大統領は、9.11事件について何を知っていたのか。

彼は、最初の飛行機が世界貿易センターに突っ込む前に、それを知っていた。

ニュースでも流れたが、大統領のスタッフが小学校でブッシュ大統領に、2機目の飛行機がビルに突っ込んだ事を耳うちして知らせたのは、AM9:05である。

これは、初めのハイジャックから1時間5分が経ち、連邦航空局が航路から外れた飛行機に気付いてから45分が経っており、1機目が貿易センターに突っ込んでから20分経っていた。

CNNが緊急速報を流してからも、18分経っていた。

つまり大統領は、大事件が起きているのに、平然と小学校の生徒たちと一緒に居た。

大統領のシークレット・サービスは、世界一の通信機器を所持している。

それなのに、「1機目がビルに突っ込んでからも、大統領には知らされなかった」というのだ。

連邦航空局のローラ・ブラウンは、こう証言している。

「最初の飛行機が世界貿易センターにぶつかって数分以内に、
 連邦航空局は各政府機関に対して連絡をしました。

 アメリカ空軍は、連邦航空局の司令本部と電話連絡を直ちに
 行い、NORADとも交信しました。

 連邦航空局は、電話接続により進行中の出来事を即刻に伝えます。

 77便を含む航空機の行動を、全て伝えました。」

こうした事実を考えると、ブッシュ大統領およびスタッフはすぐに状況を知ったはずである。

しかし彼らは、小学校の視察を中止・延期しなかった。

大統領は「演技」をして、まるで知らないかの様に、連絡が取れないかの様に、ふるまったのだ。

ブッシュ大統領は、2001年12月4日のフロリダ州での集会にて、9.11事件の時に何をしていたかを、こう語りました。

「テロリストの攻撃を聞いた時に私がどこでどんな状態だったかを
 話しても、君は信じないでしょうよ。

 私はフロリダに居ました。

 アンディ・カード主席補佐官が…。えっと、私は(小学校の)
 教室に居て、授業を視察していました。

 そして…、私は教室の外で控えていて、飛行機が高層ビルに
 ぶつかるのを、もちろんテレビが点いていたので見ました。」

大統領は、教室の外のテレビで、最初の飛行機がビルにぶつかるのを見ていた事を、証言した。

彼の語りは、さらに続いた。

「(1機目のビル突っ込みを見て)私は以前は飛行機の操縦を
 していたので、『酷いパイロットだ、凄い事件だ』と感想を
 言いました。

 でも、そこから他に導かれて考える時間がありませんでした。」

(ブッシュは、「1機目の突入は航空事故だと思った」と、ずっと主張している)

彼の主張は、「大統領、子供たちと会う時間です」と言われると、空前の状況について忘れてしまったかの様である。

さて。

初めの飛行機がビルに突っ込む様子を、ブッシュ大統領はテレビで見る事が出来たのでしょうか。

いいえ、出来ません。

最初の(1機目の)突入の映像は、翌日の9月12日になってからでないと出てこなかった。

フランスのドキュメンタリー番組の制作者が、そこにたまたま居合わせて撮ったものが、9月12日に公開されたのである。

ブッシュ大統領は、「1機目の突入をテレビで見た」と何度も言い、それを引っ込めていない。

ホワイトハウスのウェブサイトにも記載されている。

1機目の突入は、普通のテレビでは翌日にならないと放送されていないので、『彼は専用テレビで見た』と結論付けてもおかしくはない。

1機目の突入を撮影するために誰かがカメラを設置していたと、考えられる。

そのためには、飛行機がどこに衝突するかを正確に知っていなければならない。

ブッシュ大統領のシークレット・サービスは、「(2機目の突入があって)複数のハイジャック事件が起きている」と告げられてからも、30分以上も大統領をブッカー小学校に留め置き、避難させなかった。

マイケル・ムーアの映画『華氏911』にも出てくるが、大統領は2機目の突入を耳うちされてからも、小学生と7分間も本を読み続けた。

あるコラムニストは「大統領は子供たちを驚かせたくなかったのだ」と愚かな解説をしている。
だが大統領は、「悪いけど重要な用事ができた、君達はこの話を読み続けて下さい」と言って退席すればいいだけだった。

論理的に考えれば、大統領とその側近たちは、事前にハイジャック・テロの情報を得ていたと分かる。

そして、『それぞれが演技の分担をしたのだ』と察しがつく。

(2014年11月3日に作成)


9.11事件について 目次に戻る