共産主義の拡大を防ぐという名目で、ベトナムにも介入する

(『アメリカの時代』ウォルター・ラフィーバー著から抜粋)

南ベトナムでは、1960年に人民解放軍(ベトコン)が組織され、中国はホーチミン・ルートを通じて、ベトコンを支援した。

ケネディ大統領は、南ベトナムのゴ・ディン・ジェム政権を支援するために、1961年4月に新たに500人の軍事顧問をベトナムに送り込んだ。

ケネディは、新しい特殊部隊である「グリーン・ベレー」に期待していた。

グリーン・ベレーは、ベトナムのような場所でゲリラと戦うために、ケネディ自身が組織したものだ。

彼は、自ら戦闘服のデザインにまで注意を払った。

グリーン・ベレーの派遣により、ケネディはジュネーブ協定を破った。

この協定では、「南ベトナムには、685人以上の軍事顧問を置いてはならない」と定められていた。

(アメリカは、すでに何百人も送り込んでいたのです)

ケネディは、ジョンソン副大統領をベトナムに派遣して、状況を調べさせた。

ジョンソンは、「ゴ・ディン・ジェムは、今日のチャーチルである」と公言していた。

アメリカは「正規兵をベトナムに送りたい」と伝えたが、ジェムは拒否した。

アメリカ政府はジェムの意向を無視する事にし、ケネディは軍部からの「4万人の部隊を送りたい」という要請は断ったが、1万人を62~63年にかけて南ベトナムに送り込んだ。

軍事援助も、18500万ドルと、3倍に増額した。

しかし情勢は変わらず、アメリカ兵の犠牲者が増えるにしたがって、メディアが注意を払い出した。

ケネディと軍部は、報道を規制するためにホワイトハウスから政府に批判的な記者を追い出そうとしたが、ほとんど成功しなかった。

ケネディは、「ソ連と決別した中国は、東南アジアを支配することで米ソに恥辱を与えようとしている」と信じていた。

彼はテレビ番組で、「中国が東南アジアを支配しようとしている。だから、ベトナムから撤退するべきではない」と述べた。

1963年に入ると南ベトナムでは、反政府デモをしたとして、仏僧へ政府軍が発砲した。

そのため、僧侶たちは抗議の焼身自殺をした。

これをジェムの義理の妹であるヌー夫人が、「バーベキュー・ショー」と形容したため、アメリカ国民はショックを受けた。

南ベトナムの将校たちがクーデターを計画すると、ジェムを見限っていたアメリカ政府はそれを認めるサインを送り、クーデターが1963年11月1日に実行された。

ジェムと弟のゴ・ディン・ヌーは捕えられ、処刑された。

(ヌー夫人は国外にいた)

この3週間後に、ケネディはダラス市で暗殺された。

(2014.3.23.作成)


アメリカ史 1960年代 目次に戻る