ラジオが各家庭に導入され、社会に変化を起こす

(『早わかり世界近現代史』から抜粋)

1920年11月にアメリカで、世界で初めて本格的なラジオ局が開設された。

その後、急速に放送局が増え、24年には533局に達した。

20年代末には、家庭の3分の1にラジオ受信機が普及した。

アメリカのラジオ革命は世界に衝撃を与え、たちまち世界各地でラジオが導入されていった。

ラジオは、強力なメディアとして定着していった。

そして、広告媒体として利用され始めた。

企業は、番組のスポンサーになって、自社製品を宣伝するようになった。

また、ラジオによって中央政府の情報が毎日流されるために、「国民意識」の形成が進んだ。

標準語の普及が進むことになり、都市の文化が地方文化を席巻していった。

ジャズなどの大衆音楽を広める事にも一役買い、大衆文化の質を変えた。

マス・メディアが文化形成を主導する時代の、幕開けとなったのである。

(2013.6.16.)


アメリカ史 第一次世界大戦~1920年代 目次に戻る