1920年代の外交は、経済中心主義を貫き、
非軍事的な手段を行う

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

1920年代のアメリカ外交は、経済中心主義を貫き、非軍事的な手段を原則とした。

カリブ海での政策も変化して、22年にはキューバから、20年代中頃にはドミニカとニカラグアから、米軍は撤退した。

1930年には、セオドア・ローズヴェルト大統領が1904年に示した「カリブ海に警察権を持つ」という見解を、公式に否定しました。

その一方で、ラテン・アメリカへは資本と商品を投入して、イギリス資本に取ってかわっていった。

ソ連に対しては、不承認の政策を続けた。
ソ連を承認するのは、1933年になってからである。

(2013.6.16.)


アメリカ史 第一次世界大戦~1920年代 目次に戻る