大戦後の社会混乱・FBIの前身が誕生する

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

第一次世界大戦中に、黒人たちは大量に北部に移住した。

そして戦後に、暴動が各地で起こった。

北部では、黒人の隔離が南部ほどではなかったため、衝突が激しくなった。

戦後の急激なインフレにより、ストライキも発生した。

ソヴィエトの誕生すると、アメリカでは共産主義への恐怖が広がり、政府に『急進主義対策部』が設置された。
これが、後にFBIとなる。

ジョン・エドガー・フーバーが長官となった。

(FBIのスタートは、共産主義対策だったのですね)

1920年1月の赤狩りでは、4千人以上が逮捕された。

(2013.4.27.)


アメリカ史 第一次世界大戦~1920年代 目次に戻る