年間の移民数の上限を定めた法律を、初めて作る

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

1921年5月に、アメリカ史上で初めて、年間の移民数の上限を決めた『ジョンソン法』が成立した。

さらに24年に成立した恒久法は、『国別割当法』と呼ばれたもので、アジアからの移民を禁じ、年間の総数上限を15万人にした。

アメリカは、ついに開かれた移民国家ではなくなった。

AFLなどの労働組合は、雇用を守るために、移民を制限する法律の成立をうながしていた。

(2013.4.27.)


アメリカ史 第一次世界大戦~1920年代 目次に戻る