社会党の誕生

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

ユージン・デブスが中心となって、1901年にアメリカで「社会党」が結成された。

1912年には、党員数は12万人となった。
西部農民たちが支持者だった。

17年には組合員数は300万人となり、労働者の11%を占めた。

17年に社会党は、「第一次世界大戦への参戦反対」を打ち出し、党員数を減らした。

ロシア革命が起きるとさらに党員数は減り、アメリカでは少数派となった。

(2013.3.29.)


アメリカ史 1900年〜第一次大戦まで 目次に戻る