価値観と教育の変化

(『世界歴史大系 アメリカ史2』から抜粋)

19世紀のアメリカには、『永遠不変の価値・真理』を想定して、「自由な市場を求め、国家干渉は有害と見る」という国民的な信条があった。

社会は自己規制できる、と考えていた。

しかし、現実には独占とスラムを生み出しているのを目にして、価値観は変わり始めた。

学生達も『永久不変の真理・価値』の暗記を求められていたが、学生たちは知識の探求を目的とする大学を求めて渡欧し、多数がドイツで学んだ。

こうした流れにより、大学改革が始まり、知識の創造と伝達が目的にすえられ、大学院が設立された。

(2013.3.29.)


アメリカ史 1900年~第一次大戦まで 目次に戻る