福島原発事故⑩
1号機は配管の破断で爆発した可能性がある
田中三彦さんの話

(ユーチューブの動画から抜粋)

ここで紹介するのは、ユーチューブにアップされた動画『福島原発事故の原因はまだ判明していない ダイジェスト版 2015年4月25日放送』から抜粋したものです。

田中三彦さんは、国家事故調の委員を務めた人です。

田中三彦

「2011年6月20日に、日本政府の見解としてIAEAに、
 「福島原発事故では、重要な機器は地震で損傷したとは思われない」
 と報告しました。

 しかし、1号機に関しては、津波だけで話が済むかどうか。

 破壊のプロセスでは、重要な機器が最初に壊れており、
 その後に津波をかぶっています。
 ですから、事故のお膳立てを地震がした可能性があります。

 基本的に、福島原発事故では、放射能が高いので現場検証ができて
 いません。

 1号機では、津波が来る前に、タービン建屋にある電源系が
 やられた可能性があります。

 原発は、海水を絶えず引き入れて使っています。
 その配管が、地震で破断した可能性があります。

 なぜそう思うかというと、電源喪失が津波よりも1~2分早い
 のです。」

田中さんは、2015年2月21日に、1号機の原子炉建屋の中を視察し、映像を撮りました。

4階に入ったところ、破壊状況はすさまじいものがあった。

状況から、『5階での爆発が4階に及んだと考えるのには無理がある』と判った。

質問者

「田中さんは『4階で爆発が起きたのではないか』という仮説を
 調べに行かれたわけですが、4階で爆発があったならば、
 どういう事が導き出せるのですか。」

田中

「東電は、5階で爆発があった事は認めています。
 (4階での爆発は認めていない)

 4階は、左半分は『非常用の復水器』の専用部屋なんです。

 非常用復水器と原子炉は、配管でダイレクトに繋がっています。

 4階で水素爆発が起きたならば、原子炉で発生した水素と高温の
 水蒸気が、非常用復水器とつながる配管が破れた事で、
 室内に溜まっていったと考えられます。

 そして爆発に至ったのです。」

質問者

「配管の破断は、津波が原因ではない?」

田中

「ここは4階なので、津波は届きません。

 配管が壊れたのならば、『地震が原因』という事になる。」


原発は要らない 目次に戻る