望むものの想像は、意図的な創造のワークショップだ

ジェリー 想像(イマジネーション)とは何でしょうか?

エイブラハム

想像とは、思考を混ぜ合わせたり擦り合わせたりして、色々な組み合わせを作ることだ。

ビジュアル化という言葉を使う人もいるが、私たちはこの2つを多少区別したい。

ビジュアル化は、かつて観察した何かの記憶であることが多い。

私たちの言う想像は、心の中で望ましい要素を組み合わせて、望ましいシナリオを作ることだ。
これは言い換えると、前向きな感情がわくことに意図的に焦点を定めることだ。

ジェリー

でも、まだ見たことがないものを、どうやって想像すればいいのですか?

エイブラハム

魅力的だと思う経験を収集し、考えてみることだ。

自分が楽しいと思うことを頭の中や用紙にメモし、それらの要素を混ぜ合わせて望むシナリオを作る。

外の世界で完璧なモデルを探そうとしてはいけない。

人はそれぞれユニークな創造者なのだから。

あなたにとっての完璧なモデルを創造するのは、あなた自身だ。

ジェリー

すると、望ましいものを寄せ集めて想像すればいいのですか?

エイブラハム

そうだ。それが『意図的な創造のワークショップ』だよ。

これを実行していても、ほとんどの場合はすぐに望むものが描かれるわけではない。

だが思考していれば「良いことを思いついたぞ!」となる時がくる。
それが創造のスタート地点だ。

思考して具体的な姿が見えてくると、内なる存在が「そうだ! それだ!(良いことを思いついたぞ)」という感情を送ってくれる。

ワークショップで大事なのは、「良いことを思いついた!」と感じられるまで、あらゆる事を考えてみることだ。

(『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』から抜粋)


引き寄せの法則 目次に戻る