おまけ
「Sid's Ahead」のコード進行

『マイルストーンズ』のおまけとして、「Sid's Ahead」のコード進行を紹介します。

基本はブルース曲なのですが、大幅にコード進行を変えて不思議な妖しい雰囲気の曲になっています。

Sid's Ahead」  キーはF  形式はAA

 A

|F7(♯11)    |F7       |D7(♯9,♭13)  |C7(♯9,♭13) F7(♯9)|
         (C7(♯9,♭13) )

|B(♯11,13)  |B7      |D7(♯9,♭13)   |C7(♯9,♭13)   |
(B(♯11)   B(♯11)   )

|C7(♯9,♭13)   |D7(♯9,♭13)  |D7(♯9,♭13)   |F7(♯11)    |
                             (F7(♭5)    )

 A

|F7(♯11)     |F7       |D7(♯9,♭13)   |C7(♯9,♭13)  |
          (C7(♯9,♭13) )

|B(♯11,13)   |B7      |D7(♯9,♭13)   |C7(♯9,♭13)  |
(B(♯11)    B(♯11)   )

|C7(♯9,♭13)   |D7(♯9,♭13)  |D7(♯9,13)    |Fsus4     |
                             (F7      )

○ コード進行の解説

この曲のポイントの1つは、やたらと○7(♯9,♭13)を連発している事です。
こうする事で、妖しくダークな世界を作っています。

元はFブルースだと思いますが、D7とC7を入れまくり、意味不明のコード進行になってます。

正直、どうやってアドリブをすればいいか見当もつきません。

4小節目のF7(♯9)は、無くてもいいけど、あると進行がスムーズになるので入れておきました。

5小節目は、B(♯11)で十分なのですが、サックスが13thを吹いているので、B(♯11,13)にしておきました。

( )内のコードは、コルトレーンらがアドリブをしている時にマイルスがピアノで弾くコードで、テーマの時と変えている部分です。
5~6小節目のB7は、B(♯9)にしている時もありました。

2回目のAは、最後の2小節が1回目と違います。
メロディに合わせるとこのコードになります。

(2016年10月22日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る