「カルテット/クインテット/セクステット+5」おまけ②
「Sweet Juice」のコード進行

「カルテット/クインテット/セクステット+5」のおまけ記事②として、「Sweet Juice」のコード進行を紹介します。

この曲は大好きなので、聴き始めた当初からメロディをコピーし、コード進行も採ろうとしました。
でも難しい進行なので、分からなかったんですよ。

今回は、ばっちりコード進行を採れたと思います。
かなり凝った作りなので、アドリブするには長く練習しないと厳しいですねー。

「Sweet Juice」  キーはFm  形式はAABA

 A

|Fm7(9)    |B(13)    |EM7(9)   |Em7(9)(13)|

|DM7     |G(♯11)   |G7sus4     |Gm7  C7  |
         (Dm7 G7)

 A

|Fm7(9)    |B(13)    |EM7(9)    |Em7(9)(13)|

|DM7     |G(♯11)   |G7sus4     |Gm7  C7(13) |
         (Dm7 G7)

 B

|FM7(9)      |EM7(9)    |Fm7 B7(13) |EM7(9)    |

|Em7(9)     |A7(13)     |DM7(9)     |Gm7   C7  |

 A

|Fm7(9)    |B(13)    |EM7(9)   |Em7(9)(13)|

|DM7     |G(♯11)   |G7sus4    |Gm7  C7   |
         (Dm7 G7)

エンディング (最後のAの5小節目から書きます)

|DM7      |G(♯11)   |Fm(♯11)    |Fm(♯11)   |

〇 コード進行の解説

この曲は、ばんばん転調するので、基本の調性が把握しづらいです。
1小節目がFm7、8小節目がGm7ーC7(FへのⅡ-Ⅴの動き)なので、Fmキーという解釈でいいと思います。

Aの1小節目は、Fmキーのトニック・コードとも、3小節目のEM7に向けたⅡm7とも解釈できる。

どっちでもいいのですが、アドリブの時はトニック・コードっぽく重いマイナー色を出したほうが味が出る気がします。
ルーはそうやっていて、逆にホレスはⅡm7の響きで出してます。

Aの2~3小節目は、確実にEキーの響き。

で、4小節目でDキーに転調します。
そして6小節目のG7(Ⅳ7)の後に、元のFmキーに戻る。

7~8小節目のコード進行は、Fmキーではなく、Fキーの時に出てくる進行なんですよね。

だからこの部分は、FキーのⅡ7-Ⅱm7-Ⅴ7の動きと考えた方がいいかもしれません。

Fに行くと見せかけてFmに進むのが、この曲の特徴の1つです。

Aの6小節目は、アドリブの時はⅡ-Ⅴ化したほうが雰囲気が出ると思います。
なので下に(Dm7 G7)と書いておきました。

Bに入ると、最初の小節はFキーですが、2小節目で半音下のEキーに転調します。

かなり強引な進行なのに、聴くと違和感がありません。
これは凄い。作曲者のホレス・シルバーに敬礼です。

5小節目からはDキーに転調し、8小節目で元のFmキーに戻る。

エンディングは、Fm(♯11)で終わります。

ここはF7(♯9,♯11)かなとも思ったけど、Fmでいいと思います。

そういえばアドリブ・パートでは、ホレスは前半部分を省略して、いきなりBから弾いてます。

当時はソフト(レコード盤)に収められる時間が限られていたので、やむなくとった処置でしょう。

(2017年6月1~2日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る