「カルテット/クインテット/セクステット+5」おまけ③
「If I Love Again」「Caracas」のコード進行

『カルテット/クインテット/セクステット+5』のおまけ記事③として、「If I Love Again」と「Caracas」のコード進行を紹介します。

前者はメロディが良く、ルー・ドナルドソンのプレイも素晴らしい。

真似して演奏したくなる方も多いのではないでしょうか。

後者はシンプルなコード進行で、思う存分にアドリブをやれる元気の良い曲です。

「If I Love Again」 キーはF  形式はAB

 イントロ

|BM7onC   |BM7onC   |BM7onC   |BM7onC    |

|BM7onC   |BM7onC   |BM7onC   |G7onC C7(13) |

 A

|FM7       |Gm7  C7  |FM7      |Gm7  C7  |

|Am7  D7   |G7       |Gm7  C7  |FM7  A7  |

|Dm        |Dm       |Em7-5 A7  |Dm       |

|Cm        |Cm       |Cm       |Gm7  C7  |

 B

|FM7       |Gm7  C7  |FM7      |Gm7  C7  |

|Am7  D7   |G7       |Gm7  C7  |FM7  A7  |

|Dm        |Dm       |Ddim      |Fdim      |

|FM7       |Gm7      |Am7-5     |D7      |

|Gm7-5     |C7        |F        |Gm7  C7  |

エンディング (最後のBの17小節目から書きます)

|Gm7-5      |Bm7     |FM7onC    |FM7onC   |

|FM7onC FM7(9) |FM7(9)    |

〇 コード進行の解説

イントロは、BM7onC(ⅣonⅤ)というドミナント・コードとサブドミナント・コードのあいのこ(中間)みたいなコードが続きます。

8小節目は、ホレスの弾くフレーズをハーモナイズしたらこうなったけど、ちょっとよく分からなったです。

Aの1~8小節目は、よくある進行なので問題ないと思います。

9小節目からはDmキーに転調し、13小節目からはCmキーに転調して、最後の小節で元のFキーに戻る。

Bは、全部で20小節あり、最初の10小節はAと同じです。

11小節目と12小節目は、コードを転回させているだけで本質的には同じコードです。

14小節目は、Gm7で表記しましたが、ホレスはGm7ーC7で弾いてます。

ここはそんなに動かないでいいと思うんですよ。
13小節目から変えずにFM7のままでもいいと思います。

15小節目と17小節目は、m7-5コードになっていて、切ない雰囲気を出してますね。

「Caracas」  キーはB  形式はAABA

 A

|Cm7      |F7       |B       |G7      |

|Cm7      |F7       |B       |G7       |

 A

|Cm7      |F7       |B       |G7       |

|Cm7      |F7       |B       |B       |

 B

|Fm7      |B7      |EM7     |EM7     |

|Em7     |A7      |DM7     |DM7     |

 A

|Cm7      |F7       |B       |G7      |

|Cm7      |F7       |B       |B      |
                            (G7)

〇 コード進行の解説

Aは、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ-Ⅵ7の進行が基本となってます。

Ⅰ(B)は、バッキングではM7を加えずにシンプルなBで弾いた方がいいと思います。

3つ目のAの一番右下にある(G7)は、アドリブ・パートになるとここもⅥ7(G7)になるので、書き加えておきました。

Bは、前半はEキーに転調し、後半はDキーに転調します。

ここもそれほど難しくない進行ですね。

エンディングは、最後のAを終えた後に、Bmキー(同主短調)に転調して、Bmをくり返します。

エルモ・ホープはM7の音を使っていて、BmM7の響きになる瞬間があります。

(「If I Love Again」は2017年6月2日に作成
「Caracas」は6月16日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る