クリフォード・ブラウンの「メモリアル・アルバム」おまけ②
「Wail Bait」「Easy Living」のコード進行

「メモリアル・アルバム」のおまけ記事②として、「Wail Bait」と「Easy Living」のコード進行を紹介します。

「Wail Bait」はメロディとコード進行に個性があり、聴いているうちにメロディを覚えて口ずさむようになりました。

アドリブが難しい曲でもあります。

「Easy Living」はジャズ・スタンダード曲の1つです。

クリフォード・ブラウンって、バラードの演奏が上手いですねー。
まだ20代前半なのに、この成熟したプレイだもの。

「Wail Bait」  キーはF  形式はAABA

 イントロ (管楽器が入る所から書いてます)

|F7(♯9)     |F7(♯9)    |F7(♯9)    |F7(♯9)    |

|F7(♯9)     |F7(♯9)    |FM7     |Gm7  C7  |

 A

|FM7      |Em7-5 A7  |Dm7     |Am7(11)7 |

|GM7     |Am7(9)7 |Gm7 C7  |Gm7  C7  |

 A

|FM7      |Em7-5 A7  |Dm7     |Am7(11)7 |

|GM7     |Am7(9)7 |Gm7  C7  |FM7      |

 B

|Cm7  F7  |BM7 G7  |Cm7  F7  |BM7     |

|Dm7  G7  |CM7  A7  |Dm7  G7  |Gm7  C7  |

 A

|FM7      |Em7-5 A7  |Dm7     |Am7(11)7 |

|GM7     |Am7(9)7 |Gm7 C7  |FM7 (C7) |

エンディング (最後のAの5小節目から書きます)

|GM7     |Am7(9)7 |Gm7  C7  |FM7 Esus4 |

|Esus4    |

〇コード進行の解説

イントロの7~8小節目は、リズム隊が休んでピアノのソロになるのですが、そのアドリブを聴くとこのコード進行だと思います。

Aは、最初はFキーですが、2小節目でDmキーに転調。

4小節目でGキーに転調し、7小節目で元のFキーに戻ります。

Bは、前半の4小節はBキー。

5~7小節目はCキーで、8小節目で元のFキーに戻ります。

すごく転調が多い曲ですね。

それがテーマ・メロディの恰好よさに繋がっているのですが、アドリブを取るのは困難になる。
実際にクリフォードら皆がアドリブで苦戦してます。

最後のほうで第2のテーマ・メロディといえるものが登場しますが、テンション・ノートが少し変わるくらいでコード進行は変わっていません。

エンディングは、最後のコードはEsus4だと思います。

sus4コードは本来は経過コードなので、それで終わるのは変なんですよ。

7(Ⅶ7)で終わるパターンは割とあるんですけど、EⅦ)にsus4つけて終わるのは見ないなあ。

「Easy Living」  キーはA  形式はAA'BA

 イントロ

|E7      |E7      |E7     |Bm7 E7  |

 A

|AM7 Adim |Bm7 Bdim |Cm7  Em7A7|DM7 G7 |

|AM7 F7(♭9)|Bm7 E7 |AM7 F7(♭9) |Bm7 A7  |

 A'

|AM7 Adim |Bm7 Bdim |Cm7  Em7A7|DM7 G7 |

|AM7 F7(♭9)|Bm7 E7 |AM7 Dm7 |Gm7 B7  |

 B

|EM7 Cm7 |Fm7 B7  |EM7 Cm7  |Fm7 B7 |

|EM7      |Cm7     |Bm7     |E7  A7  |

 A

|AM7 Adim |Bm7 Bdim |Cm7  Em7A7|DM7 G7 |

|AM7 F7(♭9)|Bm7 E7 |AM7 F7(♭9) |Bm7 E7 |

エンディング (最後のAの5小節目から書きます)

|AM7 F7(♭9) |Bm7  E7  |E7      |D7  G7  |

|C7  F7   |B7   E7  |AM7(13)    |AM7(13)   |

〇コード進行の解説

まずイントロですが、1~2小節目が謎の和声でした。
ベースノートはEで、その上でフルートとサックスが不思議なハモリをする。

よくわからない動きですが、E7(Ⅴ7)だと基本的にどんな音を出してもいいので、たぶんE7なのだと思います。

その後の3~4小節目は、響きからみて上記の進行で間違いないでしょう。

Aは、Aキーでほとんど進行しますが、3~4小節目には一時的なDキーへの転調があります。

ちなみに、1小節目のAdimはF7(♭9)の代理コードで、2小節目のBdimはG7(♭9)の代理コードです。
ベースノートを半音で上げていくアレンジの時に、このように代理コードを使います。

A'は、Aと最後の2小節が違います。
BはEキーなので、そこに向かっていく動きになるのです。

7小節目のDm7は、もうEキーのⅥmの響きになってますね。
ここからEキーに転調と考えていいでしょう。

Bは、6小節目まではEキーで、7小節目で元のAキーに戻ります。

エンディングは、D7からは5度下(4度上)に動いていく進行です。

これはエンディングでよく使われるアレンジですね。

に辿りついた所で曲が終わります。

あと、このクリフォード・ブラウンのバージョンでは、AA'BAと普通にやらずに、AA'BA'BAでプレイしてます。

(2017年6月8日に作成。
Easy Livingは6月10~11日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る