おまけ②
「Moe's Bluff」「Moe Is On」のコード進行

おまけ②では、「Moe's Bluff」と「Moe Is On」のコード進行を紹介します。

Moe Is On」は本文では紹介していませんが、ついでにコードを調べたので、さらなるおまけとして書きます。

この曲は、LPのジャケットやレーベル面には「Mo Is On」と表記されていますが、後に発売されたCDに書いてあるMoeの方が綴りとして正しい気がするので、それで書きました。

「Moe's Bluff」  キーはF  形式はAA'BA

 イントロ

|BonC       |BonC      |D       |D      |

|BonC      |BonC C7(♭9)|FM7      |Gm7   C7(♭9)

 A

|FM7         |FM7      |Bm7      |Bm7  E7  |

|A        |Am7  D7 |BonC      |BonC      |

 A'

|FM7         |FM7      |Bm7      |Bm7   E7 |

|A        |Am7 D7  |BonC     |FM7onC    |

 B

|Em7ー5(11)    |A7(♯11)    |DM7       |DM7     |

|Dm7       |G7(♯11)  |Gm  GmM7onG  |Gm7onF C7 |

 A

|FM7        |FM7      |Bm7      |Bm7  E7  |

|A        |Am7  D7 |BonC      |BonC      |

 エンディング (最後のAの5小節目から書きます)

|A         |Am7 D7 |BonC     |BonC      |

|D        |D       |BonC    |BonC C7(♭13 ♯9)

|FM7(♯11)     |FM7(♯11)    |

○ コード進行の解説

イントロは、ⅣonⅤ→ Ⅵ → ⅣonⅤ → Ⅴ →Ⅰの進行です。

onⅤは、Ⅳ(サブドミナント)とⅤ(ドミナント)の中間的なコードで、曖昧かつ開放感のある響きをしています。

エルモ・ホープはこのコードが好きみたいで、他の曲でも使ってますね。

Aは、3小節目でⅣmに進み、そこからⅡ-Ⅴ進行をしてⅢ(A)に行きます。

そこからⅢm7に進み、普通だとⅡm7に解決しますが、ここではⅣに行ってます。

Bの7~8小節目は、ベースが半音で下降するクリシェ進行です。

ここは、アドリブ時はシンプルな|Gm7  |C7  |になります。

「Moe Is On」  キーはE  形式はAA'BA

 イントロ

|EM7        |G(9)   |Fm7      |D7      |

|Gm7        |G7      |Fm7       |B7     |

 A

|EM7     |Fm7 B7 |Fm7 Gm7  |Fm7  Dm7-5 G7|

|Cm7     |F7(13)   |Fm7 B(♭13 ♯9)|EM7  Fm7 B7|

 A'

|EM7      |Fm7  B7 |Fm7 Gm7  |Fm7  Dm7-5 G7|

|Cm7      |F7(13)   |Fm7 B(♭13 ♯9)|EM7 D7(♯11)

 B

|Gm        |Am7-5 D7   |GmM7      |GmM7     |
                   (Gm         D7

|D7        |Gm7 Gm7(11) |Fm7(9)  |Fm7  B7 |
Gm       Gm7(11)    )

 A

|EM7     |Fm7 B7  |Fm7 Gm7  |Fm7  Dm7-5 G7|

|Cm7     |F7(13)   |Fm7 B(♭13 ♯9)|EM7  Fm7 B7|

 エンディング (最後のAの5小節目から書きます)

|Cm7     |F7(13)   |Fm7 B(♭13 ♯9)|Gm7 C7(♭13 ♭9)

|Fm7  B(♭13 ♭9)|EM7    |

 ○コード進行の解説

 この曲は、よくあるコード進行になっていて、それほど難しくないです。

 変わっているのは、Bの部分です。

 3~4小節目は、M7の音が入っているので、GmM7で解釈しました。

 Bの3~6小節目は、アドリブになると簡略化されて、( )のコード進行になります。

(2014年6月22日に作成)
(Moe's Bluffは17年6月25日に修正)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る