おまけ
「Violets For Your Furs」「Time Was」のコード進行

アルバム『コルトレーン』の記事のおまけとして、「Violets For Your Furs」と「Time Was」のコード進行を紹介します。

前者は、難しい進行は出てきませんが、少しややこしい構造をしています。

後者は、易しい部類の曲でしょう。

「Violets For Your Furs」  キーはF  形式はAB

 イントロ

|FM7 Bm7(11)|FM7  Am7 D7|Gm7 C7(13)|FM7 D7(♯9)

 A

|Gm7(9)C7(13)|FM7 Am7 |Bm7(9)C7 |FM7   Am7 D7|

|Gm7  C7(13) |FM7      |Am7(11)D7 |Gm7   D7  |

|Gm7  C7  |FM7  D7  |Gm7  C7  |FM7    Am7 D7 |

|Gm7  C7  |FM7      |G7(9)     |C7   Am7 Am7 |

 B

|Gm7(9)C7(13)|FM7 Am7 |Bm7(9)C7 |FM7   Am7 D7|

|Gm7  C7(13)|FM7      |Am7(11)D7  |Gm7  D7(♭13)

|B   B Am7|Bm7(13)7|FM7  Gm7  |Am7  D7  |

|Bm7  E7sus4|FM7 D7(♯9)|G7(9)  Gm7 C7|FM7   D7  |
                               (Am7  D7 )

 エンディング
 (Bの13小節目から書きます。G7(9)の所でリズムがストップします)

|Bm7  E7sus4|FM7 D7(♯9)|G7(9)    |G7(♯9)onC  |

|B7  E7(13)7sus4  D7(13) Gm7(11) C7(13) |

|FM7(9)      |

○ コード進行の解説

この曲は、転調がなくて、ずっとFキーです。

ABは、前半の8小節は同じコード進行をしています。

変わっている所は、Bの9小節目ですかね。

本来だとGm7に行く場面ですが、ほぼ同じコードである(元のコードである)Bに行きます。
少し唐突な響きになってます。

エンディングは5小節目がやたらと長くなっていますが、レッド・ガーランドの弾くコードを正確に採ったらこうなりました。

7(♯9)onCからは、一気にFM7(9)に行っても、進行的には問題ないです。

「Time Was」  キーはA  形式はAABA

 A

|AM7     |Bm7(11)7 |AM7    |Gm7-5(11) C7 |

|Fm       |Bm7 E(13)|AM7(13)  |Bm7  E7 |

 A

|AM7     |Bm7(11)7 |AM7     |Gm7-5(11) C7 |

|Fm      |Bm7 E(13)|AM7     |Dm7   G7  |

 B

|CM7       |Dm7   G7   |CM7      |Fm7  B7  |

|EM7       |Fm7  B7  |E7     |Bm7 E7  |

 A

|AM7     |Bm7(11)7 |AM7    |Gm7-5(11) C7 |

|Fm       |Bm7 E(13)|AM7 F7  |Bm7  E7  |

エンディング
(最後のAの5小節目から書きます。D(9 13)の所でリズムはストップします)

|Fm       |Bm7 E7  |AM7     |D(9 13)  |

|D(9 13)  |A6(9)    |

○ コード進行の解説

Aの部分は、よくある進行なので解説する必要はないでしょう。

Bの前半は、Cキーに転調しています。

4小節目からはEキーに転調して、7小節目で元のAキーに戻ります。

Bの7小節目は、コピーした当初はEM7(ⅠM7)だと思っていましたが、コルトレーンのアドリブを解析した結果、E7のようです。

つまり、ここからAのキーの戻っており、そのⅤ7であるE7を7~8小節目に置いているのです。

(2014年9月7~8日に作成)


私の愛するジャズアルバム 目次に戻る