宇宙人は、私達を手助けしている

 神

宇宙に知的生物は、もちろん居るよ。

あなた方より原始的な生物もいるし、はるかに進化した生物もいる。

ニール  地球を訪れているのですか?

 神   何回も訪れている。

     調べるために。時には、手を貸すために。

ニール  どうやって、手を貸してくれるのですか?

 神

この75年間の技術的進歩は、それまでの人類の全歴史よりも大きかったと思うだろう?

(本が書かれたのは1995年頃なので、現在からだと、この100年間という感じです)

これほど大規模な進歩が、短期間に起こるなんて、異例だと思わないか?

CTスキャンから超音速飛行、それに心臓の鼓動を制御するために身体に埋め込まれるコンピュータチップまで、すべてが地球人の頭から生まれたと思うかい?

ニール  だって…そうでしょう!

 神   誰かが助けてくれたのだと、考えてごらん。

     彼らは、あなた方の中に大勢いる。

ニール

どうして、精神的にも助けてもらえないのでしょう?

 神

助けてもらっているよ。
新しい概念が、目の前に現れているではないか。

あなた方は、静かに変わりつつある。

ニール  どうして、姿を現さないのでしょう?

 神

もし姿を現したら、その存在感ゆえに、あなた方は彼らを重視せざるを得なくなる。

それよりも、自分で知恵を生み出す方がいい。

内側から生じた知恵は、長持ちする。

ニール  いつか、彼らは姿を現しますか?

 神

あなた方の意識が向上し、不安が鎮まったら、姿を現すだろう。

すでに、わずかな人の前には現れている。

ニール  私達を傷つけようとする者も、いるのでしょうか?

 神

技術は進歩していても、考え方は進歩していない者もいる。
あなた方もそうだね。

だが、あなた方は守られている。
自らの運命を生きる機会を与えられている。

あなた方の意識と、考える事が、実現される。

ニール

うーん。現実の人生では、考える事が実現しているとは思えないです。

 神

それは、あなたが自分の力を疑っているからだ。

そして、私を疑っているからだ。

(『神との対話2』から)


神との対話 宇宙人・HEBの目次に戻る