HEBはシンプルに暮らし、統治システムは持たない

ニール

HEBは国家が無いのに、どうやって自分たちを組織しているのですか?

 神

彼らは、『すべては一体である事』を観察し、この原則を下から支える政治的・社会的・経済的・霊的メカニズムを工夫した。

ニール  それは、どんなものなのですか?

 神

もし、世界にあなた一人しかいないとしたら、あなたはどう行動を律するかな?

ニール

私しか居ないとしたら…。

好きなように食べて、着ているでしょう。

たぶん何も着ないんじゃないかな。したい事をするでしょう。

 神

なるほど。いつもの様に、すべての知恵はあなたの中にあるじゃないか。

何回も言っている通り、あなたは何も学ぶ必要はなく、ただ思い出せばいいのだ。

ニール

では、HEBは裸で走り回り、木の実を摘み、カヌーを作っているのですか?

まるで野蛮人の様ですが!

 神

あなた方と、どちらが幸せで、どちらが神に近いと思う?

シンプルなのは野蛮で、複雑な方が高度だと思うのは、原始的な文化の特徴だ。

HEBは逆だと見ている。

ニール

しかし、全ての文化や進化は、より複雑になっていきますよ。

 神

ある意味ではそうだ。
だが、ここに最も偉大な『神聖なる二分法』がある。

システムが複雑になればなるほど、そのデザインはシンプルになる。

シンプルさこそが、優雅さの極致なのだよ。

マスターはそれを理解している。
だから、HEBはシンプルに暮らしている。

HEBの統治システムには、自治以外の統治は存在しない。

ニール  参加者が唯一人であるかの様に?

 神  そうだ。

ニール

HEBは『すべては一体である事』を、理解しているのですね。

 神  その通りだ。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る