HEBは都市生活を卒業し、集落生活に回帰している

ニール  HEBは、どうやって暮らしているのですか?

 神

彼らは、集落に暮らしている。
都市生活は、もうやめてしまった。

ニール  なぜですか?

 神

都市は、目的にそぐわなくなったからだ。

都市はコミュニティではなく、孤独な群集を作り出した。

ニール

地球でも同じです!
小さな町や村の方が、コミュニティらしいですよ。

 神

HEBとあなた方の違いは、彼らは「何が役に立つか」を、よく観察した事だ。

ニール

私たちは、どんどん大きな都市を造り続けている。

生活を破壊しているのは分かっていながら。

 神

後退と進歩を取り違えるのは、原始的な社会の特徴だ。

ニール

どうして私たちは、自分のためにならないのに、大都市に集中するのでしょう?

 神

何が自分のためか、分かっていない人が多いからだよ。

大都市に集まれば、問題が解決すると思っている。
本当は、問題を創り出しているだけなのに。

大都市にはサービス、仕事口、娯楽があるのは確かだ。

だが、それらは実際には有害なのに、価値があると思うのが間違いだ。

ニール  地球人が上手くやれる日は、来るのでしょうか?

 神

ただ、観察力を鍛えればいい。

何が自分のためになるかを、よく見極めなくてはいけない。
それが進化だよ。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る