HEBは戦争をしない
HEBの規範は、認識・誠実・責任の三つ

 神

HEBは、集落あるいは小さなコミュニティで暮らしている。

集落は、お互いに平等に交流している。

政府もないし、法律もない。年長者による評議会はある。

HEBの規範は、『認識・誠実・責任』の三つだ。

ニール  戦争は無いのですか?

 神

無い。
HEBは、相手が奪いたいと思うものは与えるからだ。

全ては万人のもので、与えたものはいつでも創造できると認識しているから、そうするのだ。

彼らには、「所有」とか「損失」という考え方は無い。

彼らは、『すべては一体だ』と理解している。

ニール  誰かが、HEBの生命を脅かしたら?

 神

それでも争いは無い。

HEBは、襲われたら身体から抜け出す。身体を相手に置いていく。

HEBは、死を恐れない。

自分たちが永遠に生き、かたちを変えるだけだと知っている。

病気で身体が機能しなくなったら、身体を大地に喜んで返し、「リサイクル」してもらう。

ニール

認識・誠実・責任の三つの規範に、誰かが反したら、どうなりますか?

 神

裁判も懲罰も無い。

「集団は個人であり、個人は集団である」と、丁寧に説明する。

HEBはすぐに、この事を了承する。

そして、過ちを正す事を認められる。
結果に対する責任を取る機会を、与えられる。

ニール  当人がそれを拒否したら?

 神

HEBは決して拒否をしない。
拒否をしたら、そもそもHEB(高度に進化した存在)ではない。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る