HEBは、テレパシーでコミュニケーションをする

 神

HEBは、テレパシーでコミュニケーションをする。

種の進化の度合いは、相手に伝えるのに、どこまで言葉を必要とするかで測られる。

あなた方も、古代ではそれが普通だった。

あなた方は、発声(実際には騒音)でコミュニケーションする所まで、後退したのだ。

深い愛があれば、言葉は必要ない。
愛し合う者同士がいい例だ。

多くの言葉があればあるほど、相手を思いやる時間が少なくなる。

究極的には、愛だけが唯一の真実だ。

だから愛があれば、コミュニケーションもある。

コミュニケーションが難しいのは、愛が充分に存在しない証拠だ。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る