HEBは平等に分け合うし、星のシステムを大切にする

ニール  HEBは、どんなところが私たちと違うのですか?

 神   彼らは、分け合う。

ニール  私たちだって、分け合いますよ!

 神

彼らは、全ての人と、全てを分け合うのだよ。

資源はすべて、全員に平等に分配する。

国家やグループがたまたまその場所に居たからといって、資源を所有しているとは考えない。

星や、星の群れが、『システム』だと理解されている。

どれか一つでも破壊されれば、システムそのものが傷つくと考えている。

システムの中のすべての種、すべての生物が大切なのだ。

あなた方は、「たった一つの種(人間)の欲求を優先させる」と主張している。

しかも、その種の総てのメンバーのためではなく、ごく少数のためだ。

ニール  豊かな権力者のため。

 神   そうだ。

ニール

しかし、すべての種のニーズを平等に扱って、どうしてシステムが成り立つのですか?

 神

すべてのニーズは平等に扱われるが、ニーズそのものは同じではない。

「樹木」と「人間」を例に、考えてみよう。

樹木と人間は、お互いにからみ合っている。
だが、ニーズは異なる。

樹木は二酸化炭素を吸収して、酸素を放出する。

人間は酸素を吸収して、二酸化炭素を放出する。

ニール  実に上手くできていますね。

 神

ありがとう。
それでは、バランスを破壊するのはやめてくれないか。

ニール

私たちは、樹木を一本切るごとに、二本の苗を植えていますよ。

 神

その苗が古木に成長するには、300年もあればいいだろうな。

ニール  どうして私たちは、森を切り倒すのでしょう?

 神

家畜を飼うためだ。

熱帯雨林の住民は、「家畜を育てて売る方が、所得が増える」と言われた。

「その方が、土地の生産性が上がる」とね。

HEBたちは、星のシステムのごく一部の欲求だけを満たすのはやめた。

なぜなら、システムが破壊されれば、どの種も生きられないからだ。

ニール  そんな事は明白ですよね。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る