HEBは競争をせず、平等に分かち合う

ニール  HEBと私たちは、他にどんな違いがありますか?

 神

彼らは、競争をしない。

一人が失えば、全員が失う事を知っている。

だから、「誰かが勝利し誰かが敗北するのが娯楽だ」と人々に教える、スポーツやゲームを考案しない。

彼らは、すべてを分かち合う。

希少なものを隠しておこうなどとは思わず、それどころか希少だからこそ分かち合う。

HEBと地球人の違いは、『豊かさの意味』だ。

HEBは「利潤」などは必要とせず、無料で分かち合い、それで豊かになったと感じる。

あなた方の文化の原則の一つは、『適者生存』だ。

これが指針となっており、社会の根幹にある。

ところがHEBの原則は、『すべては一体だ』という事だ。

だから適者生存は、有り得ない。

ニール  私たちはそれを、共産主義と呼びますね。

 神

あなた方は、他を犠牲にして進むことを許さないシステムを、頭から否定する。

「利益を全員に平等に分配するシステムは、自然の秩序に反する」と言う。

ところがHEBの文化では、平等な分かち合いこそが、自然な秩序なのだよ。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る