HEBには、恥や罪悪感はない

ニール

HEBには、他にどんな注目すべき事がありますか?

 神   彼らには、恥や罪悪感が無い。

ニール  HEBにも、失敗はあるでしょう?

 神

HEBの文化では、能力が無いと分かったことを、「やれ」とは言われない。

ニール  本人がそれをしたいと思ったら、どうなんですか?

 神

彼らは、したいと思ったりしないよ。

「無能だと他に被害を与えるかもしれない」と、分かっている。

例えば、HEBの文化では、自分に子育ての能力が無いと分かれば、自分で育てずに年長者にゆだねる。

成熟していない者が子供を育てたりはしない。

だからといって、子供が見知らぬ者の手に渡されるのではないよ。

ニール

説明して下さり、感謝します。

話は戻りますが、HEBは恥や罪悪感を感じないのですか?

 神

感じない。

彼らは、恥や罪悪感を押し付けない。

恥や罪悪感は、常に最初は外から押し付けられるものだ。
それが内部化される。

赤ん坊は、何も恥じたり罪悪感を持ったりしない。
外から教えられるまでは。

文化の進化の度合いは、「誰に・何に、恥や罪悪のレッテルを貼っているか」で、分かるのだよ。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る