HEBと地球人の違いを解説する

ニール

他の星には、私たちに似た外見の生物もいますか?

 神  もちろんだ。そっくりな生物がいるよ。

ニール

HEBは、本当の自分を覚えているのですか?
旅行はしますか?

 神

本当の自分を覚えている。

HEBは、身体を思いのままに解体したり合成したりできる。
何処でも好きな所に、存在できる。

ニール  何光年の彼方にもですか?

 神

そうだ。

そういう旅行は、宇宙の中を通過するのではなく、「飛び越えて」いく。

ニール  彼らは、働きますか?

 神

HEBには、「働く・仕事をする」という概念は無い。

活動は、純粋に自己表現として行われる。

ニール  人が嫌がる肉体労働は、どうなりますか?

 神

肉体労働は、HEBでは最も名誉ある仕事だ。

社会が機能するために必要な毎日の仕事は、最も高い報酬が得られ、最も尊重される。

HEBの社会には、「単調で骨が折れる仕事」や「時間外労働」や「プレッシャー」は無い。

彼らは「人を出し抜く」「トップに上りつめる」「成功する」といった事を考えない。

成功という概念そのものが、彼らにとっては異質だ。

だから、その反対の「失敗」も存在しない。

ニール  それでは、どうやって達成感を味わうのですか?

 神

彼らは、本当に価値のある事を理解し、感謝をすることを通じて、達成感を味わう。

ニール

すると、HEBにも「価値システム」はあるのですね?

 神

もちろんだ。だが、あなた方とは全く違う。

彼らは、『全体のためになること』に価値を置く。

ニール  私たちだってそうですよ!

 神

あなた方は、スポーツ選手や映画スターの方が、子供たちに偉大な真実を教えたり、霊的な真実に導くことよりも、社会のためになると考えている。

だからスポーツ選手や映画スターの方が、教師よりも称えられ、高い報酬を得る。

社会が目指す方向から考えれば、すべてが逆さまだ。

HEBは常に、「あるがまま」を見て、「役に立つこと」をする。

HEBは、教師や霊的な指導者が「倫理的に正しい」から、尊重するのではない。

社会の発展に「役立つ」から尊重する。

ニール

すると、HEBの社会では、貧しいのはスポーツ選手なのですか?

 神   HEBの社会には、貧乏人も飢える者もいない。

ニール  どうしてそんな事が可能なのですか?

 神

二つの原則を適用することによってだ。

① 私たちはすべて一体である  ② すべては充分にある

「私たちは、ばらばらだ」という信念、それがあなた方の人生を惨めにし、歴史を悲しいものにし、努力を空費させている原因だ。

そして、「すべては不足していて、足りない」という意識、それが全ての不安・競争・怒り・殺し合いの原因だ。

この二つの意識を変えれば、すべてが変化するだろう。

ニール  どうすれば、意識を変えられますか?

 神

そうであるかの様に、行動しなさい。

「すべてが一つである」かの様に、行動しなさい。

すべての人を、新しい目で見てごらん。

「充分ある」かの様に、行動しなさい。

充分な愛、充分な時間、充分な金があったら、あなたの行動は違ってこないか? 
もっとオープンに分かち合うのではないか?

現在は、世界の人口の五分の一が、資源の五分の四を消費している。

恵まれた少数が浪費をしなければ、全ての人に行き渡るだけ充分にあるんだよ。

自分自身が変化しなさい。

「私たちは一体である」「すべては充分にある」という意識を、体験しなさい。

(『神との対話3』から)


神との対話  宇宙人・HEBの目次に戻る