神は存在するすべての魂であり、
あなた方は形成中の神である

 神

本当にあるのは、『たった一つの魂』だけだ。
一つの存在、一つのエッセンスだ。

それを、神と呼ぶ人もいる。

この『一つのエッセンス』が、「個別化」して、宇宙のすべてになる。

言い換えれば、『存在のすべて』になる。

ニール

すると、神は「存在するすべての魂」なのですか?

 神

現在・過去・未来に存在する、すべての魂だ。

ニール

では、神は「集合」なのですか?
唯一の畏敬すべき存在ではなくて。

 神

どちらかでなければならない訳ではない。

思い切った発想をしてごらん。

ニール

神は、どちらでもあるのですか?
唯一の畏敬すべき存在であり、集合でもある?

 神

いいぞ! とてもいい!

ニール

では人間は、集合によって創造されたのですか?

 神

聖書には、「私たちに似せて、人を創造しよう」と書いてあった。
翻訳が変更される前のことだが。

純粋なエネルギー、それが神だ。

そして、相対性と物質性は、神が使う道具だ。

純粋なエネルギーは、自らをスローダウンさせて、物質になり、身体に宿る。

振幅というか、振動を変化させるのだ。

『存在のすべて(神)』は、これを各部分で実行する。

この個別化されたエネルギーが、あなた方が言う魂だ。

実際には、存在するのは「ただ一つの魂」で、それがかたちを変えている。
「再形成」と言ってもいい。

あなた方はすべて、形成中の神であり、神の情報だ。

(『神との対話3』から抜粋)


神との対話 神・宇宙の目次に戻る