神はプロセスであり出来事だ
神は変化するし、罰は与えない

 神

私は至高の存在だ。
存在とは、ものではなく『プロセス』だ。

私は結果ではなく、プロセス自体だ。

創造のプロセスは、決して終わらない。
私は、決して「完了」しない。

言い換えれば、すべては永遠に変化し続ける。

すべてはエネルギーであり、動きなのだ。
あなた方はそれを『感情』と言う。

あなたが何かを見る時、静止している様に見えても、実はすべては動き、変化している。

(原子や粒子のレベルでは、すべてが常に動いている)

あなたは、出来事を常に目撃しているのだよ!

神は出来事だ。
あなた方はその出来事を、『生命』と呼ぶ。

生命はプロセスであり、観察して知れば知るほど、予測できるようになる。

ニール  神は「不変」だと考えていました。

 神

真実は、『神は常に変化する』という事だ。

それこそが真実であり、どんな事をしても変えることは出来ない。

生命は変化であり、神は生命だ。従って、神は変化だ。

ニール

私たちに対する神の愛だけは、決して変化しないと信じたいです。

 神

あなた方への私の愛は、常に変化している。

なぜなら、あなた方が常に変化しているからだ。

ありのままのあなた方を愛するには、私の愛も変化しなければならないのだよ。

ニール  私が殺人者となってもですか?

 神

どんな者も、自分の世界モデルに照らせば、間違った事はしていない。

私はいつでも、どこの道でも、あなたを愛している。

あなたが私に愛されない道はない。

ニール  だが、あなたは罰するのでしょう?

 神

私は決して罰しない。

私は、傷つく事も、被害を受ける事もないからだ。

あなた方の魂も同様に、傷つく事も、被害を受ける事もない。

あなたは、被害を受けたと感じることを、人生の中で選択するかもしれない。

だが、死後に永遠の領域に戻れば、どんな被害も受けていない事に気付く。

(『神との対話3』から抜粋)


神との対話  神・宇宙の目次に戻る