個別化の解説と、個々の表現の目的

 神

『ひとつの存在(神の源)』の様々なかたち、それが生命だ。

生命とは、解釈し表現された神である。

生命とは、様々なかたちに写し換えられた神である。

最初の段階では、「唯一の非物質 → 個々の非物質」へと写し換えられる。

第二の段階では、「個々の非物質 → 個々の物質」へと写し換えられる。

第三の段階では、「個々の物質 → 個々の非物質」へと写し換えられる。

第四の段階では、「個々の非物質 → 唯一の非物質」へと写し換えられる。

こうして、生命の円環は完成する。

このプロセスによって、「一つの神」の中に、「無限の多様性」が生まれる。

この多様性を、私は『個別化』と呼ぶ。

個別化によって、離ればなれではないが、様々な表現が可能になる。

個々の表現の目的は、「神を部分として経験する」ことだ。

神の全体は、部分の総和よりも大きいが、その全体は「全体を分けてみなければ」経験できない。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神との対話  神・宇宙の目次に戻る