宇宙には、因果の法則がある

 神

宇宙には、『因果関係の法則』がある。

これは、「自分が起こした結果は、結局は自分が体験する」というものだ。

ニール  それは、どういう事ですか?

 神

「他人に経験させた事は、必ず自分が体験する事になる」ということだよ。

だから、「自分にしてほしいと思うように、人にしてやりなさい」と、イエスは教えたのだ。

(『神との対話3』から抜粋)

○ 村本尚立の解説

「因果の法則」いうと、誤解をする人もいそうなので(魂のカルマがあると誤解しかねないので)、少し解説いたします。

因果の法則というと、魂のカルマを連想しやすいと思います。

魂のカルマとは、「前世の行いが、今世に影響している」という考え方です。

しかし、『神との対話』では、「魂のカルマは存在しない」と説いています。

基本的には、起こした事の結果は、生前に返ってきます。

また、返ってこないように見えている場合でも、死後には返ってきます。

死後に私達は、生前にしたあらゆる行為を、今度は相手の立場から体験します。

これは「罰」ではなく、「気付きのための経験」です。

これにより、どのような原因・行為についても、結果を体験するのです。

そうして「フラットになった状態」で、また生まれてきます。

前世の行いが今世に影響を与えることは、『神との対話』では否定されています。

(神との対話では、今この瞬間にすべてを選択・創造できると説く)

詳しくは、『神との対話 死・死後』や『神へ帰る』のページをご覧ください。


神との対話  神・宇宙の目次に戻る