神はプロセスである
神は常に進行し、終わることがない

 神

私は、「存在するものは全て、今ここにある(過去や未来は、幻想である)」と言った。

さらに、「進化というプロセスは、永遠に続いて終わることがない」とも言った。

どちらも真実だという事が、あり得るだろうか?

実は「時間」というものはなく、単に『永遠に終わらない、今という一瞬』が続くプロセスがあるだけだ。

神は、プロセスである。

私が私自身を体験するプロセスは、常に進行して、決して終わることがなく、一瞬である。

生命というかたちで現れた私の側面は、今も変容し続けている。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神との対話  神・宇宙の目次に戻る