愛、それが真理である

 神   愛は、究極の現実であり、唯一であり、すべてだ。

     愛を感じる事は、神を体験する事だ。

     絶対の領域(神の領域)では、すべては愛である。

     相対性の領域(あなた方のいる宇宙)は、物事を体験的に知るために創られた
     現実だ。

     私は、相対性の領域を創造する事で、あなた方が神であること(愛であること)
     を選択できる環境を、創り出した。

     不安や恐れは、愛の対極である。

     相対性を生むために、私は「自らの対極(不安や恐れ)」を創り出した。

     マスター達は、相対性の世界の秘密を発見し、愛だけを選択した人達である。

     愛、それが真理だ。

(『神との対話1』から抜粋)


神との対話  神・宇宙の目次に戻る