~であるべきだ、という言葉は良くない

 神

「あるべき」という言葉がいけないのは、誰かが基準を設定する事だ。

そうすると、あなた方の行動は他人の考えに制約され、方向づけられ、指示される。

あこがれた事を、「適正基準に違反するから」と尻込みする事ほど、悲しいことは無い。

人生の全てにおいて、「誰かが決めた適正基準に違反するから、やらない」という事は、絶対にやめなさい。

ニール

しかし、善悪についての共通の基準なしで、どうやって共同生活を営めますか?

 神

「適正基準」は、善悪とは何の関係もない。

「何をもって適正とするか」についての、『誰かの解釈』なのだ。

「あるべき」行動とは、最善の行動ではない。

それどころか、歓びをもたらす事はほとんどない。

(『神との対話2』から)


神との対話 価値観の目次に戻る