正邪について、すべてを自分で判断しなさい

ニール  殺害は、間違ったことなのですか?

 神

何にせよ、神の視点から見れば、「間違った」ことはない。

あなたが何を基に正邪を決めているのか、教えてほしい。

多くの場合、あなた方は他の誰かの決定を受け入れている。
重要な事になればなるほど、その傾向が強くなる。

神、モラル、戦争、生と死、などの問題を、あなた方は放棄して他人まかせにしている。

さて、殺害について考えてみよう。

何かを殺す正当な理由などが、あるだろうか?

自分で考えて、どう感じるかを見つめれば、答えはおのずから明らかになる。

それが、『自らを権威として行動する』という事だ。

他者を権威として行動すると、訳が分からなくなる。

国家は、「政治的に正当な殺人もある」と信じるように仕向ける。

宗教は、「宗教を守るために正当な殺人もある」と信じるように仕向ける。

社会は、「違反を罰するために正当な殺人もある」と信じるように仕向ける。

あなたは、こうした考えを正しいと思うか? 受け入れるか?

あなたの判断は、あなたが何者なのかを映し出す。

自分で判断するのは、つらい事だ。

だが、自分で判断・選択をする時、それは過去に頼らない決断であり、純粋な創造である。

その時、あなたは自分自身を新たに創り出す。

自分自身で判断をするようになると、「自分で決めるだって?いったい何様のつもりなんだ?」と言われることになる。

あなたは、『お前は何者か』という問いに答えることになる。

なぜ、そのような道へ歩み出さなければならないのか。

それは、「他にはどうしようもないから」である。

ニール  どういう意味ですか?

 神

つまり、そのゲームしか行われていない。他には何もない。

あなた方の人生の目的は、『自分とは何者なのかを、再創造し続けること』だ。

問題は、それを意識的に行うか、無意識的に行うかだけだ。

この旅をやめることはできない。

あなたは生まれる前に旅を始めた。すでに、踏み出しているのだ。

ニール  せめて、もう少し人生は簡単にならないのですか?

 神

我が友よ、三つ前の人生よりもずっと簡単になっているではないか。

たくさん思い出せば、たくさん経験ができ、たくさんの事を知ることができる。

そして、たくさん知れば、たくさん思い出す。

循環しているんだ。

本当の自分になろうとし続けなさい。

気高い在り方を考えて、それに向かって努力を続けなさい。

それが、私たちの仕事だ。

(『神との対話1』から)


神との対話 価値観の目次に戻る