善悪とは、自分を定義するために自分で作り出す、境界である

 神

とても大きな視点から見れば、悪というものはないのだよ。

ニール  でも、人殺しや盗みは、悪い事です。

 神

その「悪い事」が、正しくなる例を、いくらでも見せてあげられるよ。

ニール

「どんなルールにも例外がある」とおっしゃりたいなら、その通りですが。

 神  例外があるなら、ルールではないな。

ニール

時には良い目的のために、悪い事をしなければならないこともあります。

 神

それは結局「悪い事」ではない、そうではないか?

「悪事は、良い目的のための手段にすぎない」という人もいる。
あなたはどう思う?

ニール  そんな事は、絶対にありませんよ。

 神

あなたは今、『自分のルールを作り上げている』。
それが分かるかね?

それで全く構わない。あなたはそうするべきだからだよ!

人生とは、『自分とは何者であるかを決め、それを体験するプロセス』だ。

あなたは視野を広げながら、新しいルールを作っていく!

そのルールは、あなたが押し込んでおけない何かを「押し込んでおく」、境界なのだ。

あなたは何らかの概念を作り上げ、それから境界を受け入れる。
自分を含めて何かを知るには、その方法しかない。

『自分とは何者か』を決めるために、善悪を作り上げているのだ。

そうした定義、つまり境界なしには、あなたは何者でもなくなる。

あなたの考えが変化すれば、境界も変化する。

ニール

でも、「人殺しや盗みが悪」という事では、人間は合意しています。

 神  それでは、どうして戦争がある?

ニール

それは、ルールを破る人間がいるからです。

 神

「ルールを破る人間」などというものはない。

あなたと違う考え方をする人、違う世界モデルを作り上げている人、がいるだけだ。

どんな者も、自分の世界モデルにてらせば、間違った事はしていない。

ニール  それでは、その「モデル」が間違っているんです。
     おかしいのは、その人ですよ。

 神

残念ながら、正にそういう考えが、戦争を引き起こすのだよ。

善悪に対する考え方は、文化や時代や、宗教や地域によって…、それどころか一人ひとりによっていくらでも変わるものだ。

(『神との対話2』から)


神との対話 価値観の目次に戻る