精神を養いなさい 魂を養いなさい

 神

大半の人は、30歳を超えると精神を忘れ、読書をせず、学んだり教えたりしなくなる。

テレビ、映画、くだらない本など、精神をにぶらせる事ばかりして、考えなくなる!

そして、肉体だけの人生を送る。

肉体だけで生きていると、金・セックス・所有・安全・名声など、肉体的な事柄に、どっぷり染まってしまう。

何かを学べる本は読まないのに、テレビ番組なら一週間分も暗記している。
悲しいことではないか。

大半の人は、自分で考えなくてもいいように、「ルールを教えてくれ、その通りにするよ!」と言い、やがて幻滅をする。

「ルールに従い、言われた通りにしたのに、上手くいかない」と嘆く。

もう一度精神と付き合い、精神を養いなさい。
そうすれば、飢えなくなる。

肉体と精神で生きれば、精神的な事柄にまで関心が広がる。

『友情・創造性・新しい挑戦』などにだ。

一部の人は、精神も大切にしている。

だが、『肉体・精神・魂』の三つを大切にしている人は、とても少ない。

あなたは魂を養っているだろうか?

そもそも、魂の存在に気づいているだろうか?

自分の最も深い部分にまで旅をし、魂に「やあ」と挨拶をしたのは、いつだった?

『肉体・精神・魂』の三つで生きたとき、あなたはようやくバランスがとれる。

「霊的な自覚と成長」「人生の目的」「神との関係」などに、関心が広がる。

意識が高まるほど、あなたは自分のあらゆる側面を認識するようになる。

成長とは、自分のある面を大事にして、別の面を捨てる事ではない。

焦点を広げて、自分の全ての面を愛し、評価する事だ。

(『神との対話2』から)


神との対話 価値観の目次に戻る