間違いとは、目的に適った機能をしない事だ

ニール

あなたは、「正邪は、高い視点(神の視点)から見れば無い」と言います。

それなのに、「これは間違いだ」と言う事があるのは、なぜなのですか?

 神

「間違い」というのは唯一つ、『目的に適った機能をしない事』だ。

開閉しないドアは間違っているが、そのドアが「悪」だとは言わないだろう。
目的に適っていないだけだ。

あなた方が創り上げたものの中で、あなた方の本質に合わないものは、目的に適っていない。

(あなた方の本質とは、魂のことです。

 魂は、愛の存在であり、無条件の愛と自由を求めています。)

あなた方の本質と合わないルールや制度は、目的に適わないから、間違った仕組みなのだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 価値観の目次に戻る