歴史教育の在り方

 神   今の子供たちは、「社会が積み上げたフィクション」を記憶させられている。

     今の教育は、世界を無知へと追い立てている。

ニール  フィクションを教えたりはしていません。

 神   ほら、自分にも嘘をついている。

     歴史の本を見てごらん。子供たちに特定の世界観を植え付けたがる人たち
     によって、書かれている。

     もっと大きな視点から事実を見ようとする試みは、「修正主義者」だと
     軽蔑される。

     あなた方の歴史のほとんどは、WASPの視点から書かれている。

     女性や黒人などが、「そうじゃなかったよ、大事な部分が抜け落ちている」と
     声を上げると、あわてて「やめろ」と叫ぶ。

     例をあげようか?

ニール  お願いします。

 神   アメリカでは、日本に原爆を落とした事について、子供達にすべてを教えて
     はいない。

     アメリカ人が見たがっている事実を、教えている。

     日本が別の観点から事実を指摘すると、あなた方は怒り狂い、わめき立てる。

     政治は(政府の公式発表は)、実際に起こった事とは全く関係がない。

     政治は、「起こった事についての誰かの視点」なのだ。

     歴史は明らかにし、政治は正当化する。
     歴史はあばき、政治は隠す。

     結局は、子供達はいつかは真実を見抜く。

     そして、「親や大人達は、自分自身をごまかしていたんだ」と言う。

     大人達はそれが耐えられない。だから、批判的な考え方を教育から取り除き、
     子供達に事実を知らせたがらない。

     子供達にまず事実を教えて、後は子供達に決めさせたら、どうかね?

ニール  子供達が自分で決めるなんて無理です。指導をしなければ。

 神   最近、世の中をよく見た事があるかね?
     あなた方のやり方が、今の世の中なのだよ。

ニール  いや、それは指導方法が間違っていたからです。

     子供達に古い価値観を教えたからではなく、やたらに「新規なこと」を
     考えさせたからですよ!

     「批判的な考え」なんか教えないで、読み書き・計算だけを教えていたら、
     世の中はずっと良くなっていたでしょう。

     それに、原爆を落とした事で、私たちアメリカ人は戦争を終わらせたんですよ。
     何千人もの命を救ったんです。

     歴史を見直せとおっしゃるが、そんな事をしたらリベラル派に支配されます。
     富の再配分が行われ、人民の権利だのといった、たわごとが始まるでしょう。

     私達に必要なのは、父祖の価値観に戻ることですよ!

 神   なるほど、大したものだ。

ニール  ラジオのトークショーを聞いていると、こういう主張が上手くなるんです。

     アメリカだけでなく、どの国も、「自分は正しく、相手は間違っている」と
     思っているでしょう。

     また、ほとんどの人が「古い価値観の方が良かった」と思っています。

     そういう主張を極端に言ってみたんです。

 神   本当に昔の方が良かったと、思っているのか?

     記憶はあてにならないものだ。
     良い事は覚えているが、悪い事は忘れる。それが自然なのだよ。

     実は、日本は原爆投下の以前に、「戦争を終わらせたい」と、ひそかに
     アメリカに打診していたのだよ。

     もちろん、アメリカの見方の方が、事実の的を射ていたかもしれない。

     だが、議論の核心はそこにはない。

     『あなた方の教育システムが、こうした問題に批判的な考え方を
     許さないこと』

     そこが問題なのだ!

     歴史の先生が生徒達に、「原爆問題について、自分達で結論を出してみよう」
     と呼びかけたら、どうなると思う?

     そこが問題なのだ。

     あなた方は、子供達に自分と同じ結論を出させたがる。

     だから、子供達はあなた方と同じ過ちを、繰り返すのだよ。

     あなた方の社会は以前より物騒になったが、それは学校で教えた事のため
     ではない。

     あなた方は学校で、愛について教えてこなかったし、語らせなかった。

ニール  そうなんです。宗教についても、話す事もできないんですよ。

 神   それに、人間が霊的な存在である事や、性的な事柄も教えようとしない。

     権力者の見方で歴史が歪められない社会では、過去の過ちは堂々と認め、
     決して過ちを繰り返さない。

     過去の正当化し得る行為でさえ、徹底した吟味の対象になる。

ニール  具体的には、どうすればいいんですか。

 神   起こった事を正確に、あます所なく語ればいい。

     そうすれば、『複数の見方があること』に気づく。

     先生たちは、

     「入手しうる限りの事実を、君たちは知った。

      この知識からどんな知恵が生まれるだろう?

      君たちがこの問題を解決する立場だったらどうするかな?
      もっと良い方法を考えつくかな?」

      と、問題を投げかければいい。

ニール  ああ、それなら誰にだって答えられます。後知恵っていうやつですよ。

     誰だって「他のやり方があったのに」と思います。

 神   それでは、どうして実行しない?

ニール  はあ? 何とおっしゃいました?

 神   「どうして実行しないのか」、と言ったのだよ。

     どうしてだか教えようか?

     そういう教育をすると、子供達はあなた方の行動に賛成しなくなるからだ。

     だからあなた方は、「受け入れろ、私たちは正しかった、おとなしくそう思え」
     という教育をする。

     それを教育と呼んでいる。

(『神との対話2』から)


神との対話 教育の目次に戻る