子育ては、コミュニティと年長者にゆだねましょう

 神   今は、間違った人間が子育てをしている。

ニール  「間違った人間」って誰の事です?

 神   両親だ。

ニール  両親が育てるのは、間違っているのですか?

 神

両親が若い時には、そうだ。

若い親ほど、子供を育てるのに不適切な人間はいない。

大抵の親は、自分が育ち終わっていなくて答えを探しているのに、子育てを始める。
だから、間違ってしまう。

あなた方は、生まれてから40年、50年は、まだ子供なのだよ。

ニール  40年も50年も「子供」なのですか?

 神

まさかと思うだろうが、人類のふるまいを見れば、私の言う事が正しいと分かるのではないかな。

子供をつくるのは、若者だ。
そして子供を育てるのは、年長者の役目だ。

あなた方の社会では、子供をつくった者に、子育ての責任を負わせる。

その結果、子育てが難しくなり、性的なエネルギーまで歪められる。

進んだ社会では、年長者が子供を育てる。

だから、若いうちに子供をつくる事が間違っているとはみなされないし、性の抑圧もない。

ニール  そんな社会が地球上にあるんですか?

 神

あるよ。
ただし、消えかけているがね。

あなた方は、彼ら(先住民族などの自然と共に暮らす人々)を「野蛮」だと考え、滅ぼそうとしてきた。

ところが、野蛮でないつもりのあなた方の社会では、子供は「親の所有物」と考えられ、子供をつくった者が子育てをしなければならない。

若い時代は、真実を教えるためではなく、真実を探求するためにある。

若者には、まだ自分自身の真実はない。
まだ、模索中だから。

50歳になる頃に、あなた方は自分自身の真実を発見・経験し、落ち着く。

最大の真実とは、『固定した真実など無い』という事だ。

真実は生命のように変化し、成長し、進歩していく。

ニール

ええ。私も50歳を過ぎて、ようやくその段階に達しました。

 神

あなたは今こそ、子供を育てるといい。
真実を、人生を知っているのは、年長者だ。

年長者たちに子育てをゆだねなさい。
コミュニティ全体で、子育てをすればいい。

あなた方は、互いから遠ざかってきた。
コミュニティを解体して、大都市を作った。

大都市にはコミュニティが少ない。
だから実質的には、年長者がいない。

もっと悪い事に、あなた方は年長者を片隅に追いやった。
あなた方の社会は、若者を崇拝し、年長者を追放している。

社会が個人化し、若者化したために、大勢が感情的にも心理的にも、貧しく枯渇した暮らしをしている。

ニール  この悪循環を断ち切る方法は、あるのでしょうか?

 神

第一に、それが事実だと認めることだ。

多くの者が、この現実から目をそらしている。

真実を無視しない者だけが、真実に慰められる。
その時、真実は快いだけではなく、インスピレーションの源になる。

あなた方は最近になって、コミュニティを再び築くようになった。

しかも若者たちは、年長者を尊敬するようになってきている。

(『神との対話3』から)


神との対話 教育の目次に戻る