生命の目的とは 人生の目的とは

 神

あらゆる生命の目的はただ一つ、『出来る限りの栄光を体験すること』だ。

魂が望むことは他にはない。

この目的のすばらしいところは、決して終わりがない事だ。

栄光を体験すればするほど、もっと大きな栄光への可能性が開ける。

人生とは、発見ではなく、「創造のプロセス」だ。

あなた方は、自分を創造していく。

だから、自分を知ろうとするのは、もうやめなさい。

そうではなく、「何者になりたいか」を考え、そうなろうと努力しなさい。

ニール  「人生は学校だ」、と教えられてきました。

     「学ぶため」に生きているのではないのですか?

 神

あなた方の魂は、すべてを知っている。だから、何も学ぶ必要はない。
知っている事を、思い出せばよい。

人生とは、すでに(魂のレベルで)知っている事を、「体験的に知る機会」だ。

魂は、体験したがっている。

体験にならない限り、知識は推測にすぎない。

(『神との対話1』から抜粋)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る