地球人の意識における課題

 神

世界の在りようは、『そこに住む全ての人々の意識』で決まる。

驚いたことに、大抵の人は現状に満足している。だから、世界は変わらない。

大抵の人は、不一致が戦争で解決される世界で、満足している。

力が正義で、勝利が最高の善とされる世界で、満足している。

大抵の人は、「自分が敗者でなければ、それでいい」と思っている。

敗者は飢えたり、搾取されるが、それを見ても気にしない。

今あるシステム以外のシステムを提案すると、大抵の人はあざ笑い、「競争や戦争が、偉大な文明を築いてきたのだ」と反論する。

「他のやり方では、人類の成功の原動力となってきた精神が破壊される」と考える。

だが誰も、「その成功は、どんな成功か(本当に成功なのか)」を問わない。

大抵の人は、「世界は一つ」「全てと一体として存在する神」といった考え方におびえる。

『他の人の苦しみを、自分のものとして学ぶ能力』を持とうとしない事、それが苦しみが続く原因だ。

あなた方地球人は、原始的と言う他ない。

(『神との対話2』から)


神との対話 究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る