私達は、転生をくり返している

 神

あなたは、何度も生涯を送っている。

それを思い出せば、不安がなくなる。

『失敗はあり得ない事』、『チャンスはいくらでも与えられる事』が分かる。

あなたは、何度でもこの世に戻ってこられる。

「こうしなければならない」という事は、何もない!

「これが自分にとっての最終段階だ」と思うなら、この経験を何度でもくり返せばいい!

あなたは何度もくり返してきたのだ。自分が望んだからだ!

あなたはこの人生を愛している。
だから、今こうしてこの世にいるのだ。

ニール

私をからかっているのですか?

「私が望んで、今の暮らしをしている」と言うのですか?

(ニールは、この時失業中でした)

 神   もちろん、その通り。

ニール  私は人生を、何度も生きてきたと?

 神   何百回もだ。

ニール  それなのに、ここまでしか来られなかったと?

 神

そうでもない。かなりの所まで来ている。

なにしろ過去の生では、あなたは人を殺しているのだから。

あなたは過去において、愛する女性をめぐる決闘で、人を殺した。

しかも、「名誉を守るための行為だ」と言った。

実際には、あなたは(殺人をする事で)名誉の全てを失っていたのに。

争いの解決に、破壊的な力を使うなんて、とんでもない事だ。

(『神との対話1』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る