魂が追求しているのは、在り方である

ニール

どうしたら、本当にしたい事をして暮らしていけますか?

 神

本当に好きな事をして暮らしている人は、そうしたいと、こだわっている人だ。

彼らは、あきらめない。
「好きな事が出来ない人生なんて、あってはならない」と思っている。

別の要素もある。

『在る事』と『行動する事』には違いがあり、大抵の人は後者に力点を置いている、という事だ。

ニール  それが、いけない事なのですか?

 神

良否ではない。
『本当の充足は、行動では達成できない』というだけだ。

魂の発達は、行動では達成する事はできない。

あなたが、「人生とは、行動する事だ」と考えているなら、魂を理解していない。

あなたの魂にとっては、「暮らしのために何をするか」などは、どうでもいい。

人生が終わる時、あなたもどうでもいいと思うだろう。

魂が追求しているのは、『在り方』である。

ニール  魂は、何になりたいのですか?

 神   私(神)だ。
     魂は、神を経験しようと努めている。

ニール

深遠なお話ですが、私は「好きな事をしながら生きていく方法」を知りたいんです。

 神

望むような『在り方』をしてごらん。

同じ様な事をしているのに、大金を稼ぐ人と、暮らしが立たない人がいる。

どこが違うと思う?

ニール  能力や場所でしょう。

 神

それも一つの答えだが、本当は『在り方』のせいだ。

成功する者は、開放的で、親切で、自信があり、仕事を楽しんでいる。

失敗する者は、閉鎖的で、不親切で、自信がなく、仕事を嫌っている。

存在は存在を引き付け、経験を生む。

あなた方は、「身体によって何かを生む」ためではなく、『魂によって何かを生む』ために、この地上にいる。

ニール

あなたは、「魂は、神である事を求めている」とおっしゃった。

そうであるなら、人生の答えは一つなのですか?

 神

私には、1兆もの側面がある。
神々しい面と、おぞましい面とがある。

あなた方は、『在り方』の膨大なメニューの中から、選ばなければならない。

私は、あなたの世間的な成功には関心がない。
あなたが関心を持っているだけだ。

あなたは、「暮らしを立てること」にかかずらうべきではない。

マスターとは、暮らしを立てる事ではなく、『生きる事』を選んだ人達だ。

(『神との対話1』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る