感情は、魂の言葉であり、あなたの真実だ
感情を表現しましょう

 神

大きな決断をする時には、理性の外に出なさい。魂の探求をしなさい。

魂は、理性の思いも及ばない事を知っている。

ニール  どうすれば、魂の声が聞こえるのですか?

 神

魂は、あなたの感情に語りかける。
だから、自分の感情に耳をすましてごらん。

ニール

だけど、感情を大切にしたせいで、面倒な事になった気がします。

 神

それは、「成長を面倒な事」だと考え、「停滞を安全」だと思っているせいだよ。

感情を、理性という機械的なふるいにかける人生は、機械仕掛けの人生だ。

『正気に戻る』とは、本当の感情(愛)に戻る事であって、思考に戻る事ではない。

思考は理性が作り上げたもので、理性が「でっち上げた」ものだよ。

感情とは、魂の言葉であり、あなたの真実だ。

ニール

では、否定的な感情や破壊的な感情も、表現しろと?

 神

感情は、否定的でも、破壊的でもない。
あなたの真実にすぎない。

その真実をどう表現するか、それが問題なのだ。

真実を愛で表現すれば、否定的・破壊的な結果にはならない。

覚えておきなさい。

「メッセージがどう受け取られるか」はどうでもいい。

それよりも、「どう送るのか」が大事なのだよ。

あなたに出来るのは、自分の真実を、愛を持ってはっきりと伝える事だけだ。

だから、否定的な感情も表現しなさい。
だが、破壊的な表現にしてはいけない。

否定的な感情を、表現しないで内にため込んでいると、身体に良くないし、魂に重荷を負わせる。

ニール

相手に否定的な感情を全てぶつけたら、愛情深く表現したって、ギクシャクしますよ。

 神

全てを相手にぶつけなくたっていいんだよ。

相手に否定的な感情を伝える必要があるのは、そうしなければ誠実さを欠く場合か、誤解を与える場合だけだ。

否定が究極の真実から出ている事は、絶対にない。

だから、否定的な感情を放出し、開放する事が大事なのだよ。

外に出して、自分の前に置いてみると、本当にそう信じているかが見えてくる。

否定的な感情を全て表現してしまうと、もうその様には感じていないと気づくはずだ。

(『神との対話2』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る