感情には、本物とまがいものがある
この瞬間が大切

 神

感情は、『魂の言葉』だ。

だが、「本当の感情」なのか、それとも「理性が作り上げた、まがいものの感情」なのかを見極めなければいけない。

ある感情は、理性が作り上げたもので、感情ではなくて『思考』だ。

『感情の仮面をかぶった思考』なのだよ。

思考は、過去の体験や、他人の体験に基づいている。

現在に、この瞬間に、身を任せなさい。

今という時は、自分が創造した、自分へのプレゼントだ。
そこには、真実がひそんでいる。

今に身を任せずに、外側に立って判断を下そうとすると、思考によって前と同じ行動をする。

思考は反応を生み、感情は創造をする。

それぞれの瞬間を、新たな気持ちで迎えれば、あなたは過去の再現ではなく、自分を新たに創造する事が出来る。

ニール

でも、まともな人間は、「過去の体験」から答えを引き出すのが普通です。

 神

「普通」かもしれないが、「自然」ではないな。

「自然」というのは、普通であろうとするのを、やめた時の状態だよ。

自然と普通は違う。

いいかな。

愛よりも自然な事は何もない。
愛で行動すれば、自然な行動となる。

不安や怒りで反応するのは、普通の行動かもしれないが、自然な行動ではない。

(『神との対話2』から)


神との対話  究極の真実(霊的な事柄)の目次に戻る